EA

経済指標をMetaTrader上に表示する(番外編)

FXトレードに欠かせない経済指標を自動で取得して、MetaTraderのチャート上に表示するEAを作成しています。

経済指標はGoogle Apps Scriptで「みんかぶFX 経済指標カレンダー 予想&速報」からスクレイピングし、結果をMetaTrader/MQLで扱いやすいデータ形式に変換して、チャートに表示する仕様にしています。

ついでに、指標発表の10分前にLINE Notifyを使って、自分のスマホにLINEメッセージ、プッシュ通知として届くようにしています。

 

なかなか一筋縄ではいかなかったので、番外編という形でこぼれ話を紹介します。

続きを読む

MT4のWebRequestでLINEにメッセを送る1

指定したURLにHTTP(S)リクエストを送る、MetaTraderのWebRequest関数というものがあります。

これを使ってスマホのLINEアプリへプッシュ通知を送れないか研究してみたいと思います。

続きを読む

MT4の時間足ごとに線の色を変える その1

MetaTrader4では、水平線やトレンドラインを引く機能が基本機能として備わっています。

線の見た目は水平線、垂直線、トレンドラインなど種類ごとに色・太さ・線種を設定することができるのですが、5分足で線を引いたときは細い青の実線、15分足では太い赤い破線・・・といったように自動で見た目がかわるような機能は残念ながらありません。

そこで、表示しているチャートの時間足ごとに、線の見た目が自動で変えられるインジケーターを作ってみたいと思います。

このインジケーター開発のポイントは、オブジェクト(水平線など)が作成された直後のタイミングを捕まえて処理をする、OnChartEventとCHARTEVENT_OBJECT_CREATEイベントハンドラです。これらの説明をしながら、インジケーター作成のポイントを紹介していきます。

これも妻から要望があり、開発にトライしてみました。

続きを読む

【MT4】ボリンジャーバンドσ間の値を表示 その2

前回、最新価格のボリンジャーバンドのσ間の値を表示するプログラムについて解説しました。今回は、それに加えてカーソル位置でのボリンジャーバンドのσ間の値を取得することを考えていきましょう。

OnChartEvent関数でマウスの動きをつかまえて、ChartXYToTimePrice関数、iBarShift関数を使い、XY座標からボリンジャーバンドの値を取得することを解説します。

続きを読む